浄水器を比較・検討するならまずはこのサイトをご覧ください。

浄水器の比較・検討をサポートします。

グランドデュークス東海株式会社

〒465-0022 愛知県名古屋市名東区藤森西町806-1

HP

ht:gdtokai.com

営業時間

9:30~18:00
日・祝休み

お気軽にお問合せください

0120-998-555

FAX

0120-077-329

浄水器選びの専門サイト

遠藤です。大規模災害時にも浄水器は必要だと痛感しています。

 

都市部では60%のご家庭浄水器・製水機合・宅配水が使われるようになりました。水業界に25年携わってきましたが、現在でも水に関するいろいろな情報があふれていることを実しています。この浄水器専門サイトを参考にしていただければ幸いです。

ご案内担当 グランドデュークス東海 遠藤

水道管の問題点

浄水場を出た後の水道水は水道管路をとおり配水地を経由し再び給水管を通り各家庭に届けられます。
給水地点をこえた段階から水道メーターまでの管理責任は受水団体である市町村の水道局となります。この間の水の汚れは、水道管の材質と老朽度合いに影響されます。


水道管にはいろいろな材質があります。過去には鉛管、鉄管、塩ビ管などが多くありましたが最近ではダクタイル鋳鉄管、塩ビライニング管、架橋ポリエチレン管 、ステンレス管など錆びにくい耐久性に強い材質に替わってきています。 


鉛管は鉛が水中に溶け出し、摂取者が鉛中毒に罹患する危険があるため、現在新規には使われなくなりました。 過去に使用された鉛管は取替が進められていますが、予算の問題などで工事が進んでいない地区もあります。未だ鉛管を使っている地区は、朝一番最初にある程度水を流して、水道管内に蓄積した溶出した鉛を出すことが推奨されています。

水道管の内側には、時間が経つにつれ水アカや赤サビなどの汚れが付着してきます。
水道(水道管)内部のヌメリ汚れや錆びの原因は主に次のようなものです。

1. 塩素化合物

2. 鉄バクテリア
3. 菌の死骸
4. 水道水中の有機物

5. 水道水中の鉄分
6. 元管からのもらい錆

 

また水道管内部には鉄細菌のスライム(バイオフィルム)が存在します。

水道水の残留塩素が充分にあれば増殖を抑制することはできますが、スライムを殺菌することはできません。


水道水は塩素殺菌されているので無菌であると思っている方も多いと思いますが、水道水は無菌ではありません。

大腸菌郡は陰性、一般細菌もほとんど0個(水質基準では100個以下/ML)ですが、有機物の量が極めて少ない低栄養で生息できる従属栄養細菌が多数生息しています。

これらの菌は一般細菌試験で用いられ標準寒天培養地のような高濃度の有機栄養物を含む培地では増殖できないか、あるいは増殖できたとしてもコロニーを形成するほど増殖できないものが多いので一般細菌のテストでは検出されません。

培地の栄養濃度を低くしたり、培養温度を下げて長時間培養することにより、検出される従属栄養細菌数は多くなります。従属栄養細菌の水質管理目標値は、2000個/mlです。細菌学的には生体には問題はないとされていますが、配管内部に残留塩素がない状態の水が常に留まっていると爆発的に増殖することも考えられるので注意が必要です。

貯水槽の問題点

ビル・マンション・学校・病院などには一時に多量の水を使用するので、水道水をいったん貯水槽(受水槽)に受けてから各階の個別の蛇口に給水されます 。


受水槽から利用者の蛇口までは、建物の所有者が責任を持って管理する 必要があります。10tを超える受水槽を備えた給水設備は簡易専用水道 として、水道法で1年以内ごとに1回、水槽の清掃や厚生労働大臣の指定 する検査機関等による定期検査などを行うことが義務づけられています。
 

しかし、有効容量が10t以下の受水槽の場合は、小規模受水槽として、基本的には所有者任せとなります。

貯水槽は、全国に約110万箇所。そのうち10tを超えるタンクは、約21万施設。

残り89万施設は10t以下のタンクです。

小規模受水槽の点検清掃率は、3%と言われています。残り97%は野放しということです。 


受水槽の耐用年数は15年~20年ほどですが、内部のコーティング、パッキン、

金属部品などは定期的なメンテナンスが必要不可欠となります。

受水槽などの給水施設の維持管理を怠ると

以下のような水質事故が発生するおそれがあります。


1.受水槽と汚水槽が近かったり、地下式受水槽の場合、槽のひび割れ箇所から

水が流入することがある。


2.長期間、受水槽の清掃を怠ると鉄サビや汚泥が沈積し、赤水などが発生する。


3.点検フタが開いていたり、シールドのパッキンが破損していたり、

通気口やオーバーフロー管に防虫網がない場合には、

赤ダニや蚊、ハエ、ネズミ・ゴキブリなど 害虫が侵入することがある。

= 当社の建物の貯水槽の清掃 =
 

貯水槽容量は、25tなので水道法により1年に1回

貯水槽清掃点検が 行われています。


貯水槽上部には空気の層があり、貯水槽内部は水道水で100%満たされて いるわけではありません。

 

点検口のフタの鍵の施錠は当然のこと、

上部の通気口より虫やホコリが入らないよう網をかけることが大切。


清掃時に拝見させていただくと内部は赤錆、水垢があり水面に小さなゴミが浮いていました。


清掃の方に状況を尋ねたところ、

このくらいのタンクの状況ならキレイに管理されている方だとのこと・・・

 

やはり浄水器は必要のようですね。

グランドデュークス東海株式会社について

当社はシーガルフォー浄水器の専門店です。今年で設立20年となります。当社ショールームでは浄水器の味覚の比較ができます。またキッチンに合わせたさまざまな提案をさせていただきます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。スタッフ一同お待ちしております。専門のスタッフが常駐しています。

グランドデュークス東海株式会社ホームページ